(2024年 馬場状態 4/14まで) [良]8 [稍重]6 [重]13 [不良→重]1 [重→不良]1 [不良]13
在籍馬異動

在籍馬異動(2023/3/23)

NARデータベースより、4頭の転入、4頭の退厩、2頭の馬主変更が確認できました。

転入

サンメディル(セン6)
JRA・尾形和幸厩舎→雑賀正光厩舎

番組賞金 2,175,000(C3上)
父Lemon Drop Kid
母Blading Gold Ring
(母父During)
馬主:小橋亮太氏
中央 11戦0勝
地方 7戦6勝
→2020年3歳でJRAデビューも未勝利で同年秋岩手へ移籍。同年9月盛岡C2級1200m戦で初勝利。続く同年10月盛岡C2級1400m戦も連勝し、岩手2戦2勝で2021年船橋へ移籍。初戦の同年1月船橋C3級1200m戦も勝利すると、同年4月C2級1600m戦まで南関東4戦4勝をマークしてJRA1勝クラスへ復帰もダート中距離、障害戦ともに入着なし。

転入

スターライトキス(牝8)
JRA・新開幸一厩舎→東原己俊厩舎

番組賞金 2,967,000(C2)
父スマートファルコン
母ヴンダーゾンネ
(母父グラスワンダー)
馬主:(有)長谷川牧場
中央 36戦0勝
地方 6戦6勝
→2017年JRAデビュー。平地未勝利後障害に転向も入着なく2019年岩手へ移籍。同年6月水沢C2級1300m戦で初勝利を挙げると、同年8月水沢C2級1400m戦まで岩手6戦全勝でJRA1勝クラスへ復帰。主に芝の短距離を使われ入着多数。

転入

デルマカミカゼ(牡8)
JRA・畑端省吾厩舎→打越勇児厩舎

番組賞金 5,523,000(C1)
父ストロングリターン
母デルマアマノジャク
(母父オンファイア)
馬主:浅沼廣幸氏
中央 36戦2勝
→2017年JRAデビュー。2018年6月函館ダート1700m3歳未勝利戦で初勝利。1勝クラスでも主にダート短距離を使われ、2021年1月中京ダート1200m1勝クラス戦を勝ちJRAダート2勝。2勝クラスでも2着1回他入着複数。

転入

ラインハイト(牡6)
JRA・吉岡辰弥厩舎→那俄性哲也厩舎

番組賞金 6,810,000(B)
父ハーツクライ
母ピューリティー
(母父Peintre Celebre)
馬主:(株)ファーストビジョン
中央 22戦3勝
→2019年JRAデビュー。芝3戦連続3着の後2020年5月京都芝1800m3歳未勝利戦で初勝利。続く同年6月阪神芝2200m1勝クラス戦も連勝。同年9月中山芝2200m「第74回朝日杯セントライト記念(GII)」4着。2勝クラスは芝長距離からマイルに移り、2021年6月東京芝1600m2勝クラス「芦ノ湖特別」を勝ちJRA芝3勝。3勝クラスでは入着なし。

馬主変更

ハヌマーン(セン5 目迫大輔厩舎)
馬主:小林昌子氏→(同)雅苑興業

馬主変更

ヒロシゲアトム(牡4 松木啓助厩舎)
馬主:西川茂樹氏→石本鈴雄氏

移籍

エコロファントム(牡6)
田中伸一厩舎→北海道・沼澤英知厩舎

最終番組賞金 1,501,000(C3下)
馬主:阪田英裕氏
中央 3戦0勝
地方 57戦4勝
(うち高知 10戦0勝(0-0-0-0-0-10))

移籍

マヒオレ(牡5)
打越勇児厩舎→船橋・渡邊貴光厩舎

最終番組賞金 6,663,000(B)
馬主:(株)カナヤマホールディングス
中央 10戦2勝
地方 8戦3勝
(うち高知 8戦3勝(3-0-0-0-0-5))
→2022年7月JRAから転入。初戦の同年9月C1C2混合1400m戦で当地初勝利を挙げ、翌月のC1級1400m戦も連勝。同年12月C1級1400mまで当地3勝。

退厩

タイムパトロール(牝3 別府真司厩舎)
最終番組賞金 1,746,000(C3下)
馬主:組)志士十二組合
地方 10戦1勝
(うち高知 2戦0勝(0-0-0-0-0-2))

退厩

ビービータンバム(牡3 別府真司厩舎)
最終番組賞金 48,000(3歳)
馬主:(有)坂東牧場
中央 5戦0勝
地方 3戦0勝
(うち高知 3戦0勝(0-0-1-0-0-2))

(2023/3/23時点 高知競馬在籍馬 657頭)

タイトルとURLをコピーしました