(2024年 馬場状態 7/15まで) [良]11 [良→稍重]1 [良→稍重→重]1 [稍重]12 [重]15 [不良→重]1 [重→不良]2 [不良]25
在籍馬異動

在籍馬異動(2022/1/27)

NARデータベースより、11頭の転入、1頭の転厩が確認できました。新規開業となる宮川真衣厩舎の所属馬が初めて登録されています。

転入

ゴッドレイジング(牝3)
JRA・小崎 憲厩舎→宮川浩一厩舎

番組賞金 0(3歳)
父ドレフォン
母シルクメガヒット
(母父サンデーサイレンス)
馬主:三浦勝仁氏
中央 5戦0勝

転入

スカイエメラルド(牝3)
JRA・木村哲也厩舎→國澤輝幸厩舎

番組賞金 0(3歳)
父ブラックタイド
母スカイフ
(母父Siyouni)
馬主:保坂和孝氏
中央 3戦0勝

転入

スキピオ(牡4)
JRA・浜田多実雄厩舎→打越勇児厩舎

番組賞金 930,000(C3下)
父マツリダゴッホ
母プレトリアン
(母父キングヘイロー)
馬主:(株)カナヤマホールディングス
中央 4戦0勝

転入

ゼアル(牝3)
JRA・斎藤 誠厩舎→打越勇児厩舎

番組賞金 0(3歳)
父アドマイヤムーン
母グリーンアイズ2
(母父Green Desert)
馬主:HimRockRacingHD(株)
中央 3戦0勝

転入

チョウライリン(牡5)
岩手・菅原 勲厩舎→宮川真衣厩舎

番組賞金 6,012,000(B)
父トゥザワールド
母コロニアルディーバ
(母父コロニアルアッフェアー)
馬主:(有)オート・エース
地方 29戦4勝
→2019年浦和デビュー。新馬戦から3連勝し、同年10月船橋2歳重賞「第65回平和賞」、同年11月大井2歳重賞「第52回ハイセイコー記念」いずれも3着。2021年岩手に移籍し同年11月盛岡1600mA級戦で勝利。宮川真衣厩舎の在籍登録第1号。

転入

トーアコルレオーネ(牡6)
JRA・牧田和弥厩舎→川野勇馬厩舎

番組賞金 1,797,000(C3下)
父ジャスタウェイ
母トーアビバリーヒル
(母父ダンスインザダーク)
馬主:小橋亮太氏
中央 26戦0勝

転入

フクノラプラーニュ(牡4)
JRA・村田一誠厩舎→西山裕貴厩舎

番組賞金 2,100,000(C3上)
父ラブリーデイ
母ラヴィーズラヴィン
(母父Giant’s Causeway)
馬主:(株)ファーストビジョン
中央 11戦1勝
→JRAデビュー初戦の2020年7月札幌芝1200m2歳新馬戦新馬勝ち。1勝クラス昇級後ダート短距離に転向も入着なし。

転入

プライムエルフ(牝5)
JRA・石栗龍彦厩舎→目迫大輔厩舎

番組賞金 1,063,000(C3下)
父ワールドエース
母ブライトエルフ
(母父ブライアンズタイム)
馬主:村田裕子氏
中央 6戦0勝
地方 7戦3勝
→2020年3歳でJRAデビューも未勝利で笠松に移籍さらに名古屋に移り2021年6月名古屋1400mC級戦まで東海地区3勝で全て3着内。同年JRA1勝クラス復帰も入着なし。

転入

ボーダーオブライフ(セン8)
JRA・金成貴史厩舎→田中 守厩舎

番組賞金 546,000(C3下)
父キンシャサノキセキ
母サクラサク2
(母父デインヒル)
馬主:(株)レッドマジック
中央 35戦4勝
→JRA時は芝のマイル戦で好成績。2019年1月中山1600m1000万下戦まで4勝。3勝クラスでも入着あり。ダート戦出走はJRA最終戦のみ。

転入

レッドヴェイパー(牝5)
JRA・尾関知人厩舎→目迫大輔厩舎

番組賞金 330,000(C3下)
父キンシャサノキセキ
母レジェンドトレイル
(母父フレンチデピュティ)
馬主:(株)ファーストビジョン
中央 11戦1勝
→JRAデビュー初戦の2019年6月函館芝1000m2歳新馬戦で新馬勝ち。1勝クラスでは芝短距離路線。ダートは1戦のみ。

転入

ヴァインゲサン(セン3)
JRA・小笠倫弘厩舎→那俄性哲也厩舎

番組賞金 0(3歳)
父オルフェーヴル
母ピアレスピンク
(母父エンパイアメーカー)
馬主:西森 功氏
中央 3戦0勝

転厩

クレマンダルザス(セン9)
打越勇児厩舎→宮川浩一厩舎

馬主:川添裕起氏

(2022/1/27時点 高知競馬在籍馬 638頭)

タイトルとURLをコピーしました