在籍馬異動(2020/1/17~2020/1/18) | 高知けいばメモ
(2023年度 馬場状態 2/21まで) [良]13 [稍重]21 [重]25 [不良→重]1 [重→不良]3 [不良]31
在籍馬異動

在籍馬異動(2020/1/17~2020/1/18)

 NARデータベースより、3頭の転入、1頭の場内転厩、1頭の移籍、1頭の退厩が確認できました。

 転入のエイシンオンタイムはデビューの園田と笠松で3歳時に各1勝。ダルバートはデビューの船橋で3歳戦を1勝。マインプリンセスは2018年末から昨年の冬にかけて高知に在籍しており、道営、岩手を経ての再転入となります。なお、11歳のベテラン、キクノグラードは田中伸一厩舎へ転厩。

 一方、昨年夏前の転入以来、地元6戦、遠征の交流重賞2戦を圧巻の走りでパーフェクト勝利。一時は今年の黒船賞を目指すと公にされていたケイマが大井へ移籍。既に今年に入って移籍先の厩舎から移動済であることはツイッターで公表されていましたが、今回正式に登録も変わっています。また、C3とC2で各1勝のパッションが退厩となっています。

 

(転入)エイシンオンタイム(牝4 浦和・藤原智行厩舎→宮川浩一厩舎) 番組賞金 526,000(C3下)
父ショウナンカンプ 母エーシンブルバード(母父オレハマッテルゼ)
馬主:三岡有香氏 地方 12戦2勝
 
(転入)ダルバート(牝4 船橋・齊藤 敏厩舎→那俄性哲也厩舎) 番組賞金 1,127,000(C3上)
父ストロングリターン 母ブルーブルチャンネ(母父ステイゴールド)
馬主:杉浦和也氏 地方 27戦1勝
 
(転入)マインプリンセス(牝5 岩手・飯田弘道厩舎→田中伸一厩舎) 番組賞金 380,000(C3下) ※再転入
父ワークフォース 母ミライポケット(母父ジャングルポケット)
馬主:峰 哲馬氏 中央 8戦0勝 地方 26戦1勝(うち高知 4戦0勝(0-0-0-1-1-2))
 
(転厩)キクノグラード(牡11 雑賀正光厩舎→田中伸一厩舎)
馬主:小橋亮太氏
 
(移籍)ケイマ(牡7 別府真司厩舎→大井・福田正弘厩舎) 最終番組賞金 20,700,000(A)
馬主:石川幸司氏 中央 13戦3勝 地方 9戦9勝(うち高知 6戦6勝(6-0-0-0-0-0))
☆「第16回トレノ賞」(2019)、「第42回建依別賞」(2019)、「第31回珊瑚冠賞」(2019)

「第37回ゴールド争覇」(2019・名古屋)、「第15回笠松グランプリ」(2019・笠松)優勝馬

 
(退厩)パッショノン(牡6 雑賀正光厩舎) 最終番組賞金 2,221,000(C2)
馬主:遠藤喜和氏 地方 54戦11勝(うち高知 6戦2勝(2-0-1-1-0-2))
 
(2020/1/18時点 高知競馬在籍馬 603頭)


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
高知けいばメモ
タイトルとURLをコピーしました